Smiling Woman of Banda 邦題:希望の水と女たち

  

Colors of Asia 2016 co-production of India and Japan


Year: 2016
Duration: 25 min.
Production format: HD
Sound format: Stereo

Location: India
Languages: English or Japanese
Genres: Human documentary, Gender

Production companies: Apricot Sky Entertainment and The Far Eastern TV Entertainment
Director: Anjali Bhushan
Producers: Anjali Bhushan and Kaori Mayama

製作:Apricot Sky Entertainment(インド)/ 極東電視台(日本)
製作年:: 2016
尺: 25 分.
フォーマット: HD
音声: ステレオ
ロケーション: India
言語s: English or Japanese
ジャンル: Human documentary, Gender
Production companies: Apricot Sky Entertainment and The Far Eastern TV Entertainment
監督: Anjali Bhushan
Producers: Anjali Bhushan and Kaori Mayama


A tribal woman, mother of four children, wrapped in a sari, cycling from village to village. She comes from Banda, a conservative, rural India, where women play assigned roles. Not Chamela, she’s a working woman. To be precise, a handpump mechanic. Banda’s only source of water is the handpump. Except they never worked. Today water has returned and a hard land has bowed to the women’s initiative.

Production: Apricot Sky Entertainment (India) / The Far Eastern TV Entertainment, Inc. (Japan)


希望の水と女たち

インド北部にあるウッタル・プラデーシュ州。政府により「不可触民」(ダリット)への差別が法律で禁止されたものの、この地域では未だに習慣として深く根付いている。そんな州の中にあるバンダ地区には電気もほとんど供給されておらず、テレビや電話も存在しない。水道もなく、生活水は井戸水だけ。しかし、井戸水を押し上げる手押しポンプのほとんどが壊れていて使い物にならない。
そこで立ち上がったのはチャメラをはじめとする女たち。14歳で結婚したチャメラは4児の母。朝家事をこなした後、工具片手にサリーを身にまとい自転車にまたがって、井戸から井戸へと移動し、ポンプの修理に励む。最初は家族も反対していたものの、次々とポンプを直していくチャメラのお陰で稼ぎが出来、応援にするようになった。人々の生活に欠かせない水を供給し、女性の地位を守るべく戦う勇気ある彼女たちの姿を追う。