Because I am a Girl 邦題:ラグビーと女のわたし

   "Because I am a Girl" Color of Asia 2016 co-production of Laos and Japan

 

Color of Asia 2016 co-production of Laos and Japan


Year: 2016
Duration: 25 min.
Production format: HD
Sound format: Stereo

Location: Laos
Languages: English or Japanese
Genres: Human documentary, Gender

Production companies: Lao New Wave Cinema Productions and PAO NETWORK
Director: Xaisongkham Induangchanthy
Producers: Xaisongkham Induangchanthy and Kohei Kawabata

製作:Lao New Wave Cinema Productions(ラオス)/ パオネットワーク(日本)
製作年: 2016
尺: 25 分.
フォーマット: HD
音声: ステレオ
ロケーション: Laos
言語: English or Japanese
ジャンル: Human documentary, Gender
Production companies: Lao New Wave Cinema Productions and PAO NETWORK
監督: Xaisongkham duangchanthy
Producers: Xaisongkham duangchanthy and Kohei Kawabata


Being the oldest daughter, at 14, Lao Kang had to quit school in order to take care of her parents, and for her siblings to stay in school. She kept asking :”Why me?” She knew that she would never have a chance to go back to school. Until one day, she was introduced to rugby. She saw the opportunity to get out of her current situation and go back to school.

Production: Lao New Wave Cinema Productions (Laos) / PAO NETWORK. Inc (Japan)


ラグビーと女のわたし

ベトナムとの国境付近、ラオスのノンヘットで暮らしていたラオ。両親の仕事を手伝うため14歳で学校を辞めざるを得なかった。だが20歳の時に出会ったラグビーがその人生を大きく変えることになる。ラグビーに天性の才能を発揮したラオは、国内唯一のビエンチャンの女性チームにスカウトされ、さらに7人制ラグビーのラオス代表として、国際試合ヘの出場も果たした。
さらに女性ラグビーリーグを作ろうと、国内を駆け回る。しかし、ラオス山岳地帯に暮らすモン族は貧困に苦しみ、女性は10代半ばで結婚するのが伝統だ。彼女たちは家事や子育てに人生を費やす。ラオは貧困から抜け出した自分をロールモデルとし、部族の習慣を変えていきたいと考えている。同胞たちの意識に変化をもたらそうと奔走するラオを通し、少数民族の女たちの今を見つめる。